社会福祉法人 福祉楽団リクルート

福利厚生

仕事と生活と遊びをバランスよく楽しめるように、さまざまな制度があります。

01

ライフステージに合わせて
働き方を選べる

1日4時間や週3回勤務など、そのときのやりたいことやライフステージに応じて働き方を選ぶことができます。また、働き方を問わず全職員が無期雇用となります。ダブルワーク(副業)もOKです。

02

有給休暇は入職日から

入職日に3日間の有給休暇が付与され、半年後に10日間付与されます。その後は1年おきに付与日数が増えていきます。半日単位での取得もできるため、ちょっとした用事にも使えます。

03

年に最大2回の長期休暇

余暇の充実は将来の仕事の能率を高めます。入職2年目から12日間以上の休暇を1回、4年目からは別途5日間以上の休暇を1回取得できます。遊びに勉強にと有効活用してください。

04

充実した休暇制度

親族の慶事・弔事に際する慶弔休暇、配偶者の出産に際する出産支援休暇、災害時に自宅の復旧を図る際の災害休暇、社会貢献に際するボランティア休暇などがあります。

05

職員住宅

若手職員向けに安価な費用で入居できる職員住宅を主要な拠点の近くに整備しています。また、一般住宅に一人暮らしをする30歳未満の職員には、上限2万5千円まで住宅手当がでます。

06

育児・仕事の両立サポート

「杜の家くりもと」「杜の家やしお」「杜の家なりた」には保育所が併設されており、職員も利用することができます。小さなお子さんがいても、安心して働くことができます。

07

資格取得の支援

働きながら資格の取得をめざす職員に職員能力開発支援金として100万円まで貸与します。資格取得後3年間勤務すると返済が免除されます。また、取得した資格に応じてお祝い金が贈られます。

08

大学院等派遣研修制度

幹部候補の職員には、より高度な研修機会を確保するため、働きながら大学院などに派遣する制度があります。

09

ガクダンマイル制度

社内研修の参加や、「グッドジョブ」な職員には「ガクダンマイル」を付与します。100マイル集めると、10万円分の旅行券と特別休暇が2日間もらえます。

10

予防接種や抗体検査の助成

インフルエンザの予防接種費用を一部助成します。介護職員などのB型肝炎ワクチン接種費用は法人が全額負担します。また、希望者はB型・C型肝炎やHIVの抗体検査を無料で受検できます。

11

社会保険

あたりまえの大事な制度です。健康保険、厚生年金、雇用保険、労働者災害補償保険にしっかり加入します。また、労災の上乗せとして、独自で業務災害補償保険にも加入しています。

12

確定拠出年金

職員の自立を大切にする福祉楽団では、将来に備えて、法人が拠出する掛け金を職員自身が資産運用する確定拠出年金(401K)を用意しています。

11泊12日のタイ旅行で
リフレッシュ!

タイ旅行でリフレッシュ|イメージ

「杜の家やしお」に勤務して2年目になり、初めての「リフレッシュ休暇」で14連休をとりました。休暇中は 11泊12日で「タイ」へ旅行し、美味しいものを食べ、たくさんの人に出会い、身も心もリフレッシュしてきました。介護の仕事は長期休暇がとりづらいイメージがあり、もともと旅行好きだった私は旅行に行けなくなることを心配していましたが、この制度があってよかったです。次の休暇では「インド」に行こうと考えています!

加藤 沙季

加藤 沙季[24]

杜の家やしお ユニットサブリーダー 神奈川県立保健福祉大学
保健福祉学部 卒業
社会福祉士・介護福祉士

かとう・さき 1994年、神奈川県生まれ。2017年入職。「日々勉強」をモットーにがんばっています。最近の趣味は、夜勤明けにどれだけ遠くまで出かけられるかを試すことです。

OPEN

法人のサポートを受けて
資格を取る!

資格を取る|イメージ

社会福祉士の受験資格を取得するための通信教育の費用として「職員能力開発支援金」の制度を利用しています。自身のステップアップのため社会福祉士の資格を取ろうと考えました。借りる形ですが、合格して3年間働けば返済が免除されますし、なによりお金のことを考えずに学校に通えるのはすごく助かりました。また、法人のお金だと思うと正直身が引き締まる思いで、勉強の励みにもなりました。もうすぐ試験なのでがんばります。

阿部 恵祐

阿部 恵祐[27]

杜の家やしお ショートステイ
サブリーダー
立教大学 コミュニティ福祉学部 卒業 介護職員初任者研修修了

あべ・けいすけ 1991年、埼玉県生まれ。2015年入職。相談員の仕事もしてます。休日はごろごろしながら、海外ドラマを見るのが楽しみです。バットマンとかのアメコミのドラマにハマってます!

OPEN

多様な一人ひとりが
働いています

多様な人たち|イメージ

私たちが目指すのは、多数派、少数派に関係なく、そこに生きる一人ひとりの多様な在り方を等しく認める社会です。職場もいわば、小さな社会。「わたし」とは違う「あなた」と共に働き生まれた発見は、これからの社会の道しるべかもしれません。だから、私たちは多様性を大切にします。働き方の選択、子育てサポート、LGBTQなど多様な性の受容、文化や信仰の尊重、病気や障害とともに働くことなど、働き方を通して一人ひとりの生き方を支えます。

中村 麻里

中村 麻里[40]

ソーシャルワークチーム ジョブマネージャー 日本社会事業大学 社会福祉学部 卒業 社会福祉士・介護支援専門員

なかむら・まり 1978年、千葉県生まれ。2008年入職。長男が生後6か月の時に福祉楽団に入職。次男出産の際には育休を取って赤子の世話と主婦を満喫。時短勤務を活用して復職しました。

OPEN

マイナビを見る